薬の相談テレホン

ホーム > 薬の相談テレホン > 薬のつきあい方


薬のつきあい方

薬の正しい飲み方・使い方

薬は、体内の目的の場所で最も効果が発揮できるように、のむ時間や間隔、形、量など工夫されてできています。薬に応じた適切なのみ方、使い方を守りましょう。

必ず薬の説明書を読もう

薬の説明書などには、1日の服用回数やいつのむかの表示や効能・効果などのほか、使用上の注意、副作用について書いてあります。必ずよく読んでから使用しましょう。
また、薬を使いおわるまで、大切に保管しておきましょう。

のむ時間を守ろう

薬は、それぞれ定められた時間に飲まないと効果がなかったり、副作用を生じることがあります。
薬の服用についての指示のうち、食前、食後、食間、就寝前とは次のようなことをいいます。

食事前 食事前の30分以内にのみます。
食 後 食後30分以内にのみます。
食 間 食事と食事の間、前の食事から2〜3時間後にのみます。
食事の最中ではありません。
就寝前 寝る30分〜1時間くらい前にのみます。
とん服 必要に応じてのみます。
○○時間ごと 決められた時間をあけてのみます。
薬の使い方・使用量を守ろう

薬の作用は、使用量と深い関係があります。ある量以下では作用が現れないし、ある量以上では有害な作用を生ずるおそれがあります。定められたとおりの使い方・使用量を守りましょう。

薬をのみ忘れたら

決められた時刻からそれほど時間がたっていなければ気づいたときにのみます。のみ忘れが次にのむ時間に近いときは、のみ忘れの分は抜かしましょう。服用間隔の目安は、1日3回の服用の薬なら少なくても4時間以上、また1日2回服用の薬をのみ忘れた場合でも、次の服用時間まで6時間程度はあけるようにします。

薬は水やぬるま湯でのみましょう

コップに半分から1杯の水(湯さまし、80〜150ml)でのんで下さい。
水なしでのむと、食道や胃を荒らすことがあります。ひどい場合には食道や胃に潰瘍を作ることもあります。
ミルクやジュース、牛乳、お茶、コーヒー、アルコール飲料などで薬をのまないで下さい。吸収が悪くなって効きが悪くなったり、逆に効きすぎて副作用が現れたりすることがあるからです。

子どものための薬の飲ませ方の工夫

薬の正しい保管の仕方

  • 高温・多湿・直射日光を薬は嫌いますので、暗くて涼しい場所に保管します。シロップなどの液剤は、冷蔵庫に入れておくとよいでしょう。
  • 子どもが誤って飲まないように、子どもの手の届かないところに保管しましょう。
  • 薬の外箱や袋、説明書などは、使い切るまでとっておきましょう。
  • 年に一度は薬箱を整理し、薬の使用期限を確認しましょう。
  • 開封した薬は変質しやすいため、特に注意してください。
  • 外箱や袋に、開封時の日付を書いておくと便利です。
  • 薬は別の容器に移しかえないでください。
  • 絶対に薬と同じ箱の中に農薬、殺虫・防虫剤などを入れないでください。

薬と上手につきあうには

薬は、体内の目的の場所で最も効果が発揮できるように、のむ時間や間隔、形、量など工夫されてできています。薬に応じた適切なのみ方、使い方を守りましょう。

かかりつけの薬局をもとう。

薬局などにこれまでの自分の体質や現在の症状、体調、副作用などについて伝えておけば、安心して薬を飲むことができます。その手助けをしてくれる薬局をかかりつけ薬局といいます。相談しやすく、自分の症状について聞いてくれる、薬のことだけでなく、生活上の注意などのアドバイスや情報を与えてくれる。そんな薬局をみつけましょう。

「お薬手帳」(薬の記録)をもとう。

保険薬局へ処方せんを持参すると「お薬手帳(デザインは様々あります)をお持ちですか?」と薬剤師があなたに尋ねることがあります。
「お薬手帳」は、あなたが今まで服用したり、使ったりしたお薬の名前やのむ量 、そして過去に経験した副作用などを継続的に記録するための手帳です。

「お薬手帳」は次のような便利な役割を持っています。

1.病院、医院、薬局へ行った時には必ず毎回、医師・歯科医師・薬剤師に見せましょう。
2.薬局・薬店でお薬を買った時にもその名前を記録しておきましょう。
3.通院時、外出時には必ず持ち歩きましょう。

「お薬手帳」はあなたのかかりつけの保険薬局に相談すれば手に入れることができます。
「お薬手帳」は病院や薬局ごとに作るのではなく、一冊にまとめましょう。

お薬手帳を持ちましょう。