9月の薬草 アオツヅラフジ(ツヅラフジ科)@いなべ市
黒い実をつぶすと化石のアンモナイトのような種が出てくる。
木などに巻きついて10メートル以上になるつる性の植物。

薬用部位:茎および根
生薬名:木防已(モクボウイ)
用途:利尿および神経痛、リウマチ、通風などの鎮痛薬として使う。 
写真&文 会員交流・広報委員会(薬草) 郷