3月の薬草
ザゼンソウ(サトイモ科)  @滋賀県高島市にて
滋賀県高島市でザゼンソウが咲いた!
なんと地域の方々が手入れして守っている!

ミズバショウほどの鮮やかさはないが、なんとも面白い花姿に時間を忘れて撮影。
自ら発熱して雪を溶かして出てくるというとか。
サトイモと同じ仲間。
 

 部位: 葉、葉柄を採取して生のまま用いる

 薬効: 毒虫に刺されたとき、皮膚が痒(かゆ)いときに、葉・葉柄を潰した汁を直接患部に塗布する
写真&文 会員交流・広報委員会(薬草) 郷

ザゼンソウの豆知識を見つけました。
  • 臭い!
    ザゼンソウは英語で『スカンクキャベツ』名前からして強烈
    臭いでハエなど呼び寄せ、受粉するのに使っている。
  • 発熱!
    自ら発熱し雪を溶かし、尾瀬では一番最初に花をつけ虫を独占。
    発熱の仕組みはまだよくわかっていない。
  • 実はサトイモ
    ザゼンソウはミズバショウと同じくサトイモの仲間。
  • 掘るとちゃんと芋がある。芋は有毒。北米先住民は、ザゼンソウを薬草にしたりお守りにしたそうだ。
  • 呪術に使用
    北米先住民は、ザゼンソウを薬草にしたりお守りにしたそうだ。
    臭くて有毒なのに薬草。毒と薬は紙一重か。
  • 別名ダルマソウ
    達磨大師が座禅しているように見えるところが名前の由来らしい。
 ( 資料 尾瀬マウテンガイドよりhttps://www.mountain-guide.jp/hana/109.html )