医薬分業とは

ホーム >医薬分業について > かかりつけ薬局を選ぼう


かかりつけ薬局を選ぼう

だから安心かかりつけ薬局

だから安心かかりつけ薬局ちょっとした病気の診療や日常の健康相談などは、身近な「かかりつけのお医者さん」で行うと安心であるように、薬局についても、薬の使い方や疑問に答え、よき相談相手になってもらえる「かかりつけ薬局」をもつことをおすすめします。では「かかりつけ薬局」をもっているとどんなメリットがあるのか、その理由をみなさんの疑問に答える形でご説明しましょう。
※「かかりつけ薬局」とは、どの医療機関で拠方せんをもらった場合でも、必ずそこにもっていき、薬の調剤を受けると決めた薬局のことです。

お医者さんに薬をもらった方が安心のような気がするけれど

薬剤師は薬のプロフェッショナルです。
薬剤師は薬のプロフェッショナルです。

薬剤師は、薬を調剤することを専門の仕事としていますので心配ありません。また、処方せんの内容に疑問があれば処方せんをだした医師に問い合わせますし、必要に応じて患者さんにいろいろ質問し、適切なアドバイスをしてくれます。


薬で困ったり、疑問に思ったことがあるんだけれど

かかりつけ薬局ならこれらの問題を解決してくれますたとえば
・医療機関でもらった薬と大衆薬を一緒に飲んだら、副作用で体調を崩した
・処方された薬についてもっと詳しく知りたい
・薬で困ったときに相談したい

かかりつけ薬局ならこれらの問題を解決してくれます

薬局では、薬を調剤する場合、患者さんごとに薬に関する情報を「薬歴簿」に記録します。ですから、いつも決まった薬局で調剤してもらったり、大衆薬を購入すれば、使用する薬の記録が1か所にまとめられるので、重複投与や副作用などのチェックができます。また、薬について気軽に何でも相談できるので安心です。

医療機関と薬局の両方にお金を支払うので、負担が増えてしまうのでは?

負担は少し増えますが、薬の適正使用につながります。
負担は少し増えますが、薬の適正使用につながります。

薬剤師へ支払う技術料の分、窓口で支払う金額は若干増えることになります。しかし、薬剤師の指導が治療の効果を早めたり、同じ薬の重複投与や市販薬の使用をチェックすることにより薬のムダがなくなるので、結果的に費用はかからないことになります。


どんな薬局をかかりつけ薬局に選べばいいの?

「処方せん受付」、「保険調剤」、「基準薬局」などの表示のある薬局です。

これらの表示がある薬局では、処方せんによる薬の調剤を行っています。地理的に便利で薬歴簿の作成や薬に関する相談に親身になって応えてくれる薬局を選びましょう。
薬局選びの目安の一つに都道府県薬剤師会が認定する「基準薬局」があります。

薬はいつでも調剤してもらえるの?

処方せんの使用期間なら、いつでも調剤してくれます。
処方せんの使用期間なら、いつでも調剤してくれます。

処方せんがあれば代理の人でも受け取ることができます。ただし、処方せんがない場合は、薬をもらうことはできません。きちんと医師の診察を受けて、処方せんをもらってから薬局にいきましょう。なお、処方せんの使用期間は交付日を含めて4日以内です。


ご存じですか?医薬分業

ご存じですか?医薬分業医薬分業とは、医師の診察を受けた後に、医療機関の窓口で薬をもらう代わりに処方せんをもらい、その処方せんに基づいて街の保険薬局で薬をもらう方式のことをいいます。
処方せんには薬の種類や使い方が、書いてあり、薬剤師が患者さんの体質や薬の使用記録などを確認し、処方せんに書かれている薬の量や飲み合わせをチェックしたうえで調剤します。また、薬をわたす際には、正しい服用方法や留意点について指導してくれます。
医薬分業により、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担することができ、地域医療がより充実することが期待されます。

医薬分業のしくみ

医薬分業のしくみ

医薬分業のしくみ安全
●医師と薬剤師の二重のチェックが受けられます。
●薬の使用や指導内容などを薬歴として記録してくれます。
●重複投与による副作用を避けられます。

便利
●待たずに薬をもらえます。
●自由に薬局を選べます。
●処方せんがあれば代理人でも薬を受け取れます。

安心
●薬の使用方法や飲み合わせなど十な説明が受けられます。
●処方内容を知ることができ、納得して薬を使えます。
●薬について気軽に相談できます。

薬局の選び方

「処方せん受付」、「保険調剤」、「基準薬局」などの表示がある薬局です。

これらの表示がある薬局では、処方せんによる薬の調剤を行っています。地理的に便利で薬歴簿の作成や薬に関する相談に親身になって答えてくれる薬局を選びましょう。

また薬局選びの目安の一つに「基準薬局」があります。
「基準薬局」とは、責任をもって処方せんを調剤し、患者様のためになる薬局業務を積極的に行う薬局を、薬剤師会が「基準薬局」として認定したものです。

薬局の選び方