医薬分業とは

ホーム >医薬分業について >医薬分業とは


医薬分業とは

医師の診察を受けたあとに、病院・診療所でお薬のかわりに処方せんが渡されます。処方せんにはお薬の名前や種類、量、使い方が書かれています。この処方せんを街の保険薬局にもっていくと、薬剤師が薬の量や飲み合わせ等を確認の上、調剤します。患者さんには、処方せんと引換えにお薬が渡されます。これが 医薬分業です。

医療の高度化とともに機能分化が進み、現在の医療には様々な専門分野があります。それぞれの専門家がチームワークを組み、協力し合うことでよりよい医療の提供ができます。医薬分業も、医師と薬剤師が協力してお薬をより安全に使っていただくための制度です。

医薬分業とは